ザ・軍艦

海上自衛隊艦艇 汎用護衛艦164たかつき

海上自衛隊艦艇 汎用護衛艦164たかつき

タム・タム名誉相談役の製作した海上自衛隊艦艇 汎用護衛艦164たかつきを、TamTam相模原店にて展示しております。
お近くへお越しの際は、是非ともお立ち寄り下さいませ。 ※TamTam相模原店へのアクセス、営業日、営業時間は、店舗情報ページで事前にご確認をお願い致します。

「海上自衛隊艦艇 汎用護衛艦164たかつき」とは

海上自衛隊艦艇 汎用護衛艦164たかつき
本型は昭和36年度からスタートした第2次防衛力整備計画に基づいて4隻建造された海上自衛隊第二世代護衛艦である。当時の海上自衛隊は、草創期の米艦艇供与時期を経て、第1次防で初の国産護衛艦を建造するなど徐々にではあるが、技術レベル・造船技術も上がってきており、第2次防衛力整備計画では、海上自衛隊が草創期に米軍から供与された艦艇の多くが退役次期を迎え、更新用に高い性能を持った国産新造艦を建造することになった。また第2次防からは米軍の最新鋭の兵装を供与してもらいう事になっており、当時としては最新鋭の装備である新型5インチ砲・対潜ロケット魚雷・大出力低周波ソナー・無人対潜ヘリなど最新武装を搭載する対空・対潜・対艦攻撃任務など幅広い任務を 行う、基準排水量3000tの多用途護衛艦(DDA: All purpose Destroyer )4隻を計画した。これが「たかつき」型護衛艦である。本型は当初より多目的護衛艦として建造されているが、ネームシップの艦番号164と言う数字は、1960年に竣工した「あきづき」型対空護衛艦の(DD-161)ミサイル護衛艦「あまつかぜ」型(DDG-163)などの対空護衛艦(もしくはミサイル護衛艦)の番号を引き継いでいることから、多目的な任務を行う一方で搭載している5インチ砲において、艦隊の防空任務を行う対空護衛艦としての役割を持っている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』